こんばんは。iPhone即日修理のアイエフシー阿南です。

本日も、話題沸騰!人気急上昇中のスマホガラスコーティングを施工させて頂きました。

セイバーガラスコーティングについて少しご説明させていただきます。

SAVER(セイバー)の9H硬度が、世界最大の認証機関SGS(本社スイス・ジュネーブ)で正式に認証されました
スマホコーティングSAVERは、創業2年もたたないうちに、国内での加盟店数が300人を突破し、世界32ヶ国に輸出するほどの事業に育ちました。

そこで、世界基準の品質証明書を取得してさらなる事業発展に備えるべく、2017年夏から、スイスに本社がある世界最大の試験・分析・評価・認証機関SGSでの試験準備を進め、同年11月2日に硬度試験で基準に合格し、
日本製のスマホコーティング製品で初めて、世界基準の試験成績証明書を取得することができました。

海外からも熱い注目を集めるSAVERを各国に展開していく上で、日本の認証機関が発行した成績証明書は通用しないことが多く、
各国の政府機関、税関、研究所、認証機関が公的に採用するSGS試験成績証明書の取得は、SAVERの優れた品質が厳しい国際基準でも認められた証拠です。

「もう、フィルムには戻れない」

日本では「2年縛り」という買い方が一般的であるため、新製品のスマホの価格を知らない方もいるかもしませんが、最新のiPhone はほぼ10万円~15万円とい高額商品となっています。

スマホは「電話」ではなく、「電話もできる超高性能小型コンピュータ」と考えたほうがよく、今やノートPCよりも高額な製品となりました。

多くの方が、10万円以上もする高級精密家電を「ほぼ無防備」で持ち歩く時代など、これまでには考えられなかったことです。
そして、スマホが年々多機能化、高性能化するのに比例して、スマホを落とした時の損害や不便さも増大するようになりました。

そこで、落下や衝撃を防ぐための手段として広く普及したのが「フィルム」です。皆様も、お持ちのスマホやタブレットPCにフィルムを装着している方もおいでるでしょう。中には、こだわりの機能を持つ5000円~のガラスフィルムを装着している方もおられるかもしれません。

そんな中、昨年あたりから、フィルムに代わって、より美観と利便性が高い「コーティング」によってスマホスマートウォッチそしてタブレットPCを保護する人たちも増えています。

「SAVER」コーティングの主なメリットは

  1. 汚れや小キズが付きにくくなる
  2. 割れにくく、ヒビが入りにくくなる
  3. 指通りが滑らかで、画面がクリアになる
  4. 静電気が通りやすくなり、操作性UP
  5. 汗、油、指紋、化粧をふき取りやすくなる
  6. 気泡やホコリが減って、スマホがキレイに
  7. 無機質の原材料なので、安心・安全
  8. 皮膜は数年持続し、フィルムよりお得
  9. 中古スマホを買っても見た目がキレイに
  10. カーブした面でも、段差ゼロ

というものです。

「もう、フィルムには戻れない」という声が続出するのもうなずけます。

尚、セイバーガラスコーティングは決して「割れない、傷が付かない、ヒビが入らない」という成果を保証するものではありません。