iPhone即日修理のアイエフシー阿南です。

「意外と多いiPhoneの水没」

今年は台風も多く襲来し、また雨の日々が続いています。
そんな中急いでいてスマホを落としてしまう事や、最悪水たまりなどに水没させてしまう
など、最近は増えています。

iPhoneはどのような形であれ、内部に水分が入ってしまうと簡単に故障してしまいます。
水没は1年を通してどの季節でも発生する可能性が有ります。

雨や漏水等、年中起きる可能性のあるハプニングもあり、水没の恐怖はすぐ近くに潜んでいます。
iPhoneの故障と言うと画面が割れている事が真っ先に思い浮かぶかもしれませんが、水没による故障も増加しています。

iPhone7の水没。防水機能は?
iPhone7には防水機能が搭載されている。と思われている方は多いかと思いますが、iphone7に備わっているのは
防水では無く耐水性です。

防水の場合は水が中に入るのを完全に防ぐという物ですから、当然水中の中でも使用が出来るという物です。
耐水の場合、水が入ること自体は防ぐものでは無く、水が入ってもある程度は大丈夫ですよという物です。

公式ではIEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。
とありますが、じゃあどの程度の水濡れまで大丈夫なの?と言うのがネックとなっています。

当店ではどの程度までが大丈夫なのかは分かりませんが、実際問題として、iPhone7の水没修理のご依頼はあり、
従来のiphoneに比べれば多少濡れても壊れなくなった物の、完全に水の中に落としてしまったり、
洗濯機にいれてしまったりした場合は、従来のiPhoneと変わらず水没で故障してしまう様です。お気を付けください。

万が一水没してしまったら?

「電源」は決して入れないでください!

電源を入れてしまうと、内部に入り込んだ水分を伝わって電流が流れてしまい
内部のパーツや基盤がショートしてしまう恐れがあります。

水没してしまった後に「電源はつくかな?」とついつい試してみたくなってしまいますが、
ショートしてしまうと復旧確率が大きく下がってしまいます。
修理不可能に陥る場合もありますので、決して電源は入れない様にして下さい。

そんな時は至急、スマホ修理のアイエフシー阿南へご相談ください。