iPhoneを使用すれば必ず訪れるのがバッテリーの消耗です。
ケースや保護フィルムで綺麗に大切に使っていても使えば使うほど、バッテリーは消耗してしまいます。

・充電をしているにもかかわらずバッテリーの残量が増えない
(ソフトウェアの再起動やiPhoneの復元を行っても改善されない場合は、バッテリー不良の可能性が高いです)
・使用していない時に急速に残量が減って行く
・通常使用中にバッテリーの残量が有るのに突然、電源が落ちる
・iPhoneの充電中に本体がとても熱くなる
・バッテリーの膨張のためにディスプレイのガラスが浮いてくる

iPhoneのバッテリーはリチウムイオンバッテリーとなっており、充電回数が多くなればなるほど劣化し、使用環境の影響を大きく受けます。
バッテリーが劣化すると徐々に充電できる容量が少なくなって最終的には充電が出来なくなります。
一般的には約500回の充電で新品時の50~70%程度まで劣化するといわれています。
毎日充電すると2年程度でバッテリーの性能も50~70%程度まで劣化すると言えます。

バッテリーの交換は、総務省登録修理業者のiPhone即日修理「アイエフシー阿南へ」ご相談下さい。

上記写真はバッテリーが膨張している状態で、即日交換させていただきました。