本日もバッテリー交換、初期化とご来店有難うございました。

先日もお知らせいたしましたが、iphoneを車内等の高温となる場所へ放置する危険性についてお知らせします。

先日ユーチューブにある動画がUPされました。

それは、中国にて車内のダッシュボード上に置かれていたiphone6が爆発する瞬間を捉えた映像となります。

この爆発したiphone6は今年2月に修理店にてバッテリー交換を行ったとの事です。

これは、直射日光が当たる車内に置かれていたため、高温状態となり爆発したと考えられます。

炎天下の車内温度は60~70度にもなるといわれており、iphoneの適正使用温度である35度を大きく上回ります。

また、アップルの提示している適正保管温度が「-20~45度」ですので、使用しないとしても大変危険です。

高温の場所にiphoneを放置する事は、事故の可能性があるだけでなく、バッテリーの寿命を大きく下げる結果につながりますので、十分注意して下さい。